校長あいさつ

校長あいさつ

上里北中学校長 小久保幹則

この度は、本校の「ホームページ」にアクセスをしていただき、誠にありがとうございます。

本校の位置する上里町は、埼玉県の最北端に位置し、烏川、神流川の2大河川を境にした群馬県と隣接しております。校区の南西には、関越自動車道の上里サービスエリアや上里スマートインターチェンジがあります。

沿革史を紐解きますと、昭和58年4月1日に上里中学校より分離し、上里北中学校と称し開校しました。同年11月28日に校章、翌年2月26日には校歌が制定されました。その後、体育館の完成、校旗の制定、プールの完成など、開校年度から翌年度にかけて上里北中学校の基本要素が着々と整いました。

教育活動の面でも、文部省指定・上里町教委委嘱「生徒指導総合推進校」、県教委・県進路指導研究会委嘱「進路指導研究」、県教委・町教委・中体連委嘱「体育授業研究」、埼玉県・上里町教委委嘱「学校保健研究」、県教委指定「彩の国パイオニアスクール」、文科省委嘱「キャリアスタートウィーク」「人権教育総合推進地域事業」、県教委委嘱「埼玉県ネットマナー研究指定校」「校外教育研究」を受けております。

平成4年11月21日に創立10周年記念式典、平成15年2月5日に創立20周年記念式典、平成25年1月31日に創立30周年記念式典が執り行われました。

平成22年11月13日には、日々の教育活動に積極的に取り組み、著しい成果を上げている学校として埼玉県より認められ「埼玉・教育ふれあい賞」を受賞しました。

これまでに6223名の卒業生を送り出し、その卒業生たちは地元をはじめ、多方面にわたり、各界で活躍をされています。保護者の皆様をはじめ、地域の皆様方々によるご理解とご支援の賜と感謝しております。

本年度の目指す学校像を「豊かに学び、生徒を繋ぎ、自己肯定感をはぐくむ、笑顔のあふれる学校」として掲げ、学校教育目標  「かしこく やさしく たくましく」の具現化を図って参ります。

今後とも、誇り高き伝統と良き校風を継承しながら、上里北中学校の歴史に新たな1ページを刻むために、教職員一同全力で取り組んでまいりますので、皆様方のご理解とご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

校長講話

【令和5年6月25日~27日実施「修学旅行のしおり」】
「修学旅行」の実施に寄せて
 修学旅行を計画通り実施することが可能となり、いよいよ皆さんの番が来ました。皆さんにはこの3年間、あらゆる場面で感染症対策のためとして、制限しなければならないことが数多くあり、我慢を強いられてきたことと思います。5月8日以降は、多くの制限がなくなりました。ぜひ「皆さんの修学旅行」を思いっきり楽しんできてほしいと願っています。
 修学旅行の目的地は、奈良・京都方面です。実は私(校長)は、学生時代、そして卒業後も15年近く、京都に住んで京都の学校に勤務していました。嵯峨野や嵐山方面、金閣寺、銀閣寺、二条城、平安神宮、清水寺、哲学の道などにはよく訪れていました。学生時代は太秦映画村でアルバイトもしていました。昨年の12月には、今も京都の学校で働いている友達に会いに京都へ行ってきました。「お勧めのスポット」や「知られていない穴場」など、住んでいたからこそ知っている情報もたくさん知っています。京都のことで聞きたいことがあれば、ぜひ私のところへ気軽に質問に来て欲しいです。
 京都や奈良へ行く修学旅行では、社会科の教科書で学習した歴史的建造物を間近で実際に見ることができます。
 〇 奈良・京都の歴史や文化に親しみを持つ
 〇 男女で協力し、班別行動を充実させる
 〇 親睦を深め、楽しい思い出をつくる
 という修学旅行の3つの目的を実現できるよう、活動を通して互いに声をかけ合ったり、協力し合ったりしてほしいと思います。
「皆さんの修学旅行」の大成功を祈っています。

【令和5年5月25日~26日実施「林間学校のしおり」】
 「林間学校」実施に寄せて
 林間学校を実施することが可能となり、いよいよ皆さんの番が来ました。皆さんが小学校の時は、林間学校や修学旅行の実施が危ぶまれたり、計画を変更して日帰りとなったりしました。皆さんにはこの3年間、あらゆる場面で感染症対策のためとして、制限しなければならないことが数多くあり、我慢を強いられてきたことと思います。
 5月8日以降は、多くの制限がなくなりました。
 ぜひ「皆さんの林間学校」を思いっきり楽しんできてほしいと願っています。
 今回の林間学校の目的地は、長野県八ヶ岳中信高原国定公園方面です。事前に先生方が現地を訪れて、危険な箇所の確認などの安全面、トイレなどの環境衛生面、ハイキングやキャンプファイヤーの場所など、しっかりと現地調査をしてあります。笑顔で出発して、より輝く笑顔で無事に帰ってきてほしいからです。
 上里北中学校の校歌にある
 「山 晴れやかに 天を指し 川 清らかに 海めざす
  この大地 湧く力 湧く勇気
  花 かおるとき 命燃え 風かおるとき 未来呼ぶ
  光あれ 開きゆく 道はるか」を歌いながら、
 林間学校の3つの目的
 「自然を慈しむ心を育てる」
 「学年・学級の和を図る」
 「ルール、マナーを学ぶ」が実現できるよう、活動を通して互いに声かけ合ったり、協力し合ったりしてほしいと思います。
 「皆さんの林間学校」の大成功を祈っています。

【令和5年4月13日 地震による避難訓練】校長より「3・11を忘れない」
 なぜ、地震のための避難訓練が行われるのでしょうか?
 2011年3月11日午後2時46分。
 東日本大震災が発生し、それから12年が経過しました。
 その時の皆さんは、2歳、1歳、0歳、出産間近の人もいたはずです。
 2分近く揺れが続いた大きな地震が起こり、多くの方の命が失われました。
 日本が地震の多い地域にあることを踏まえ、私たちは、よいことも失敗したことも含め、地震で経験したことや学んだことをこれからの生活に生かしていかなくてはなりません。
 この震災で亡くなられた方は1万6千人、行方不明の方もまだ2千5百人ほどいらっしゃいます。
 地震発生の後、中学生が小学生の手をつなぎ、二次避難所である山へ向かって逃げたそうです。
 地震の後、岩手県釜石市の一人の中学生が海の方を見て大きな津波が押し寄せていることに気付きました。
 その中学生は、とっさに「もっと高いところへ逃げたほうがいい。」と声を上げたそうです。その声をきっかけに、さらに高いところへ向けて避難したそうです。
 こうして、波にのまれて多くの命が失われた町がある中、釜石市の小中学校の子供たちのほとんどが助かったといいます。このことは、「釜石の奇跡」と言われ、大きくニュースに取り上げられました。そのときインタビューを受けた子供たちは、「いつもの訓練通りにしただけ」と答えたそうです。
 「いつも通り」とは、どのようなことでしょうか。
 今日の避難訓練は、なぜ行われるのか、その答えがこの「いつも通り」につながり、皆さん一人ひとりの命を守ることにつながると思います。

【令和5年4月10日 令和5年度 始業式】
 皆さんおはようございます。今日から令和5年度が始まりました。
 4月7日には、新しく3年生となった皆さんが、入学式や新学期の準備を丁寧にしてくださいました。より良い方法を自ら考え、友達と協力しながら取り組む姿に感動し、誇らしさを強く感じました。新3年生の皆さんに、心から感謝の言葉を伝えます。
 さて、上里北中学校は開校後、今年41回目の始業式となり、これまでに6223名の卒業生を送り出しました。皆さんには本校の伝統を引き継ぎ、上里北学校の生徒としての誇りと自覚を持ち、充実した一年間を送ることを期待しています。
 進級した皆さんに対して、「つながる」をキーワードにして3つの話をします。
 一つ目は「校歌」についての話です。
上里北中学校の校歌を作詞したのは、宮沢章二さんです。この宮沢章二さんと言えば、皆さんが生まれた後の2・3年後に起こった東日本大震災の後、テレビで繰り返し「行為の意味」という詩が放送されました。
 「『心』は誰にも見えないけれど、「こころづかい」は見える。『思い』は見えないけれど、『思いやり』は誰にでも見える。その気持ちをカタチに。」という詩です。
 二つ目は学校教育目標についての話です。
 上里北中学校の学校教育目標は「かしこく やさしく たくましく」です。「かしこい」を広辞苑などで調べてみると「状況に対する反応がすぐれている」とあります。「やさしい」は「親切で情けが深い」、「たくましい」は「多少のことではくじけない」とあります。つまり「状況に対して反応がすぐれ、親切で情けが深く、多少のことではくじけない」生徒になってほしいという目標であると言えます。一つ目で話した上里北中学校の校歌には「夢あふれくる春の日に、支え合う学びやは、知恵の城、友情の火も温かく、鍛えてたくまし意思のうた」と宮沢章二さんが作詞していますが、学校教育目標と校歌とのつながりがあると感じます。
 三つ目はその「つながる」についてです。
 学校生活においても、感染症対策としてのマスクの着用を求めないことが、国や県からありました。しかし、これまでの感染症対策の影響により、どちらかというと人とつながりにくい場面が多々あったと感じています。今だからこそ「つながる」ことをより意識することが大切だと思っています。「上里の子供を育てる合言葉」「あいさつ、返事、靴そろえ、集中した清掃」というのがあります。この中で、特に「あいさつ、返事」は相手に対しての行為ですね。あいさつをする、返事をすることで、相手とのつながりができ、心づかいや思いやりにつながると私は感じます。
 以上、上里北中学校の校歌、学校教育目標、上里のこどもを育てる合言葉「あいさつ」「返事」についての話をしました。新しく2・3年生となった皆さんには、友達と「つながる」、先生と「つながる」、見守ってくださる地域の方々と「つながる」ためにも、ぜひ「あいさつ」と「返事」を特に意識して、進んで取り組んでほしいと期待しています。
 これから新しい学年、新しいクラスでいろいろなことに挑戦し、人とのつながりの中で、失敗を恐れず、果敢にいろいろなことに挑戦していく1年にしてほしいと願っています。そのような皆さんにエールを送り、始業式の言葉とします。

【令和5年4月10日 令和5年度 入学式式辞】
 校舎の南にある花壇では、ネモフィラが咲き誇り、プランターのパンジーは色とりどりの花を元気いっぱいに咲かせ、春爛漫を迎えています。
 このような佳き日に、保護者の皆さまの出席をいただき、上里中学校第41回入学式を挙行できますことを、心より感謝申し上げます。
 100名の新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。皆さんは小学校6年間の過程を終了し、本日晴れて、上里北中学校の一員となりました。みなさんには、本校の伝統を引き継ぎ、中学生としての誇りと自覚を持ち、充実した三年間を送ることを期待しています。
 皆さんの入学にあたり、「つながる」をキーワードにして3つの話をします。
 一つ目は「校歌」についての「つながる」話です。
 上里北中学校の校歌を作詞したのは、宮沢章二さんです。この宮沢章二さんと言えば、皆さんが生まれた頃に起こった東日本大震災の後、テレビで繰り返し「行為の意味」という詩が放送されました。
 「『心』は誰にも見えないけれど、「こころづかい」は見える。『思い』は見えないけれど、『思いやり』は誰にでも見える。その気持ちをカタチに。」という詩です。皆さんには記憶が無いと思いますが、保護者の皆様は、この記憶、とても強いですよね。
 二つ目は学校教育目標についての「つながる」話です。
 上里北中学校の学校教育目標は「かしこく やさしく たくましく」です。「かしこい」を広辞苑などで調べてみると「状況に対する反応がすぐれている」とあります。「やさしい」は「親切で情けが深い」、「たくましい」は「多少のことではくじけない」とあります。つまり「状況に対して反応がすぐれ、親切で情けが深く、多少のことではくじけない」生徒になってほしいという目標であると言えます。一つ目で話した上里北中学校の校歌には「夢あふれくる春の日に、支え合う学びやは、知恵の城、友情の火も温かく、鍛えてたくまし意思のうた」と宮沢章二さんが作詞していますが、学校教育目標と校歌、そして皆さんとのつながりがあると感じます。
 三つ目はその「つながる」についてです。
 学校生活においても、感染症対策としてのマスクの着用を求めないことが、国や県からありました。しかし、これまでの感染症対策の影響により、どちらかというと人とつながりにくい場面が多々あったと感じています。今だからこそ「つながる」ことをより意識することが大切だと思っています。「上里の子供を育てる合言葉」「あいさつ、返事、靴そろえ、集中した清掃」というのがあります。この中で、特に「あいさつ、返事」は相手に対しての行為ですね。あいさつをする、返事をすることで、相手とのつながりができ、心づかいや思いやりにつながると私は感じます。
 以上、「つながる」をキーワードに、上里北中学校の校歌、学校教育目標、上里のこどもを育てる合言葉「あいさつ」「返事」についての話をしました。新入生の皆さんには、友達と「つながる」、先生と「つながる」、見守ってくださる地域の方々と「つながる」ためにも、ぜひ「あいさつ」と「返事」を特に意識して、進んで取り組んでほしいと期待しています。
 さて、保護者の皆様、お子様の中学校へのご入学、誠におめでとうございます。お子様にとって、中学校の三年間は心身ともに大きく成長する期間であり、自我が形成され、人間関係も心をかよわせ合う深いものになり、切磋琢磨しながら大人への階段を登っていく大切な時期です。更に、思春期を迎えトラブルを起こしてしまったり、気持ちが不安定になりがちになってしまったりする時期でもあります。これは大切な成長の過程であり、このとき大人である私達はこうした成長の過程を見守り、子どもたちの心に寄り添い、適切な言葉かけや指導を行うことが大切だと思います。特に、お子様の確実な成長のためには、学校と家庭とが連携協力、つまり「つながる」ことが大切だと感じています。これからの学校生活で心配ごとなどがありましたら、遠慮なく担任をはじめ、教職員にご相談くださるようお願いいたします。
 結びになりますが、お子様のさらなる成長のために、教職員一同、新入生一人ひとりを大切にした教育活動をすすめてまいりますことを、お誓い申し上げ、式辞といたします。